【高校通学】JKに必須の持ち物をご紹介〜予算に合わせて選ぼう!

【高校通学】JKに必須の持ち物をご紹介

高校入学!!

喜ばしいことでありながら、経済事情を考えると親としてちょっぴり辛いところです。

高校入学時に準備するものとして、

JK(女子高生)にかかった費用をまとめた記事は →こちら。

公立高校とはいえ、入学するだけでまとまった費用が必要なものです。

高校だけではなく、小学校、中学校入学時にも勿論、まとまった費用が必要なわけで・・、

教育費とはこんなにもお金が必要なものなのだ、本当に大変だと感じました。

かつ、JK(女子高生)ともなれば、通学するにも色々と必要なものが出てくるのでございます。

必需品からおしゃれグッズまで・・・。

親としてどこまで認めるかにもよりますが、それらを揃えることもJK(女子高生)としての楽しみであるのかも知れませんね。

自分も楽しい高校時代を過ごしてきたので、できる限りの願いを叶えてあげたいと考えておりました。

学業優先であることを忘れずに、全てにおいて有意義な高校生活を過ごしてもらいたいです。

入学祝いは贈りましたか?

入学準備に追われ、我が子への入学祝いは忘れがち!

贈り物に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

高校通学 JKに必須の持ち物をご紹介

入学準備品は買い揃えたつもりでも、実際に通学が始まると次々に必要なもの(本人の要求)が現われます。

これから高校に入学する女の子がいらっしゃるママの参考に、細々とした女子ならでは持ち物をご紹介させていただきます!!

日焼け止めクリーム

中学校では禁止されておりましたが、自転車通学ということもありJKになってからは解禁となりました。

確かに入学してすぐ、気温と日差しが一気に上昇します。

通学で紫外線からの疲れも考えられますので、日焼け止めクリームは常に持参させております。

決して高価なものではありませんが外に出る際、こまめに塗り直しているようです。

今になって、この年齢からの日焼け止め対策は必須だとわかります。

将来の「美」のためにも、日焼け止め対策は推奨していました。

無印良品 日焼け止めジェル SPF50+

UVアームカバー

上記と同じ理由により、アームカバーも購入しました。

電車、バス通学の学生さんはカーディガンを着用しているようです。

我が家の娘たちは自転車通学で視野ので、夏場は過酷なものとなります。

日焼け止めクリーム+アームカバーで二重にUVカット!!

デオドラントシート

通学、体育、部活の後は汗が噴き出す入学後の季節。

まあ、エチケットとして持っている方が教室内でも衛生的に良いと言えるでしょう。

部活の後は、ボディーローションなども使うようです。

JK(高校生)ともなれば、身だしなみも大切なのです。

チャリ通、運動部に所属しているとオシャレ系のボディシートでは不足らしいですよ。

がっつりメンズボディシートを愛用していました。

 GATSBY(ギャツビー) アイスデオドラント ボディペーパー アイスシトラ

携帯 除菌ジェル

学校では様々なものに触れなければいけません。

少々、神経質な面がある娘はお弁当バッグの中にいつも「携帯 除菌ジェル」を入れていました。

お弁当を食べる前には必ず使うそうです。

手洗いだけではなく、除菌ジェルを一つ持っておくことで病気予防にもなります。

現在は、除菌アイテムも必須の持ち物ですね!

アルコール-洗浄タイプハンドジェル

お財布

JKになる以前からお財布を持ってはいましたが、付録のようなものばかりだったので高校入学とともに購入しました。

校区内のお友達との付き合いから、高校生になると交際範囲が広がります。

公共機関を使ったり、ショッピングに出かけたり、ファストフード店に行ったりとJKならではの楽しみも広がりますよね。

おしゃれな財布も欲しいだろうと入学と同時に揃えたのです。

ただし、何もないときは小銭入れのみを持ち歩いているようですよ。

ゆあまま
ゆあまま
物騒ですが、学校内でも盗難事件が多いのです・・・。

「入学おめでとう」の気持ちを込めてこちらを選びました。

COACH 財布

サブバッグ

通学用にリュックを購入していますが、スポーツ系の部活動をしていたため、毎日大荷物。

そのため、リュックとは別に大きめのトートバッグを購入しました。

それでもパンパン状態でしたよ。

スポーツ系の部活に所属すると、とても荷物が多いです。

腕時計

娘の学校は「携帯持ち込み可」でしたので、腕時計が常に必要ではなかったのですが、教室に時計がないため、試験の際、時間配分に困るため腕時計を購入しました。

腕時計は学校だけではなく、プライベートでも活用できるアイテムなので購入しても無駄ではありませんよね。

高級なものではなくても構わないと思います。

予算に合わせて、子供さんに選ばせると良いですよね!

娘の時計は一度壊されてしまいました。扱いが雑なことも想定して決めてくださいね!

塔の上ラプンツェル限定ウォッチ

おやつ

遠足のようですが、自転車通学ではおそらく通学だけでもお腹が減るでしょう。

加え、部活からの塾となるとお弁当だけではとても腹持ちしません。

そこで、毎日仲良しグループで「お菓子」を持参していました。

これも女子高生あるある!!

子供さんにもよりますが、年齢が上がるに連れ、学校での腹痛、頭痛、生理痛などが多くなります。

授業の進みを考えると簡単に抜けたり、下校したりというわけにはいきませんので、お子様に合わせて薬を常備しておくと良いですよ。

娘が持っていたのは「鎮痛剤」「アレルギー薬」です。

JKになれば、自分の体調は判断できますので症状に合わせて服用していました。

各種参考書

学生としての所以、参考書は必須です。

学校での購入だけでは自学の際に足りないようで、少しずつ買い足しました。

娘が主に購入していた参考書は、数学、物理、入試対策のものだったようです。

一冊2.000~3.000円と行ったところでしょうか?

数を重ねると、参考代も結構な金額となります。

我が家のJKが通学に必要としていたものをご紹介させていただきました。

学校に通い始めると足りないものが次々と出てくるのですよね。

文房具などは頻繁です。

こだわりのノート、クリアファイル、ペン、シャーペン、付箋等、これもまとめて購入すれば安いものではありません。

学用品については、ネット購入でまとめ買いしておかれると良いですよ!!

他、部活をする場合は部活動においてそれぞれに必要なものが出てきますので、その費用も考えておかれて下さい。

あくまでも学生ですから授業が最優先です。

日焼け止め(UV対策)に関するものは持たせていましたが、コスメ用品は一切なし。

ゆあまま
ゆあまま
唇が乾燥したときのためにリップクリームくらいです。

余計なものを学校に持っていくと、集中力の低下に繋がりますので、親が準備してあげるものも必要最低限で構わないと考えます。

「おしゃれ」をすることも大切ですが、通学は「おしゃれ」ではなく「身だしなみ」に注意すれば十分だと感じます。

汗、匂い、除菌などのケアができれば、学校生活を問題なく過ごすことができますよ!!

JK(高校生)は、SNSなどで情報も豊富ですので欲しいものがいっぱいです。

全てを聞き入れていては家計にも響きますので「必要なもの」「必要ではないもの」を各ご家庭でしっかりと見定めた上で購入されると良いですね。

辛い受験を乗り越え、ようやく手に入れた高校生活。

我が子には、有意義な時間を過ごして欲しいものですね。

この記事が、高校に入学する子供さんの保護者の皆様の参考になれば幸いです。

【高校通学】JKに必須の持ち物をご紹介~予算に合わせて選ぼう!を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする