娘の恋愛(高校生)親はどこまで口出しすべき?JKの本音は?

娘の恋愛(高校生)親はどこまで口出しすべき?

高校生になると、異性との交友関係にも広がりが出てきます。

多感な時期でもありますから、彼氏が欲しいと願うのも当然のこと。

もちろん、親として素敵な恋愛をして欲しいと考えますが、多感な時期だからこそ色々な心配が生じますよね。

高校生/娘の恋愛に、親がどこまで口出しをすべきか・・、悩むところです。

娘の恋愛(高校生)について

最愛の娘に彼氏ができた・・となれば、親として心配するのは当然です。

同じ学校?

住んでいるところは?

部活はしてるの?

どんな人?

全てにおいて知っておきたいという感情が芽生えますよね。

娘の恋愛を阻止しようとか、邪魔しようというのではなく、素直に心配なんですよね。

恋愛で悲しんだり、傷ついたりする我が子を見たくないだけなのです。

きっと、自分の母親もそういう思いだったのでしょう。

高校生の頃、恋愛についてはかなり嫌味を言われた経験があります。

子供ながらに「心配されている」というのはわかっていましたが、あれやこれや言われるのが嫌で、恋愛については何も話したくなかったんです。

あの時のモヤモヤ感を今でも覚えているので、娘たちにはそんな思いを抱かせたくないと考えていました。

恋愛についてフランクに話せる母親でありたいと願いました。

ゆあまま
ゆあまま
嘘をついてコソコソされるのも嫌ですしね。

そこで、実際に「娘の恋愛」に関して自分が取り組んできたことをご紹介させていただきます。

娘の恋愛に関して取り組んだこと

娘の恋愛(高校生)親はどこまで口出しすべき?

なんでも話せる環境

恋愛に関してだけではなく、子供が思ったこと、考えたこと、悩んでいることを話せるようにしてきました。

ちょっとした隙間時間に、他愛のない会話の中から娘の悩みを引き出すようにしていたのです。

ゆあまま
ゆあまま
とにかく娘の話をとことん聞く。

その上で、意見を述べるのではなく、本人に考えさせることを繰り返してきました。

どうすれば良いのか?

どうすれば良かったのか?

相手の気持ちはどうだったんだろう?

答えをいうのではなく、自分で自分について考えるということを小さい頃から行ってきました。

聞き出さない、問い詰めない

話の中で気になることがあってっも、決して強引に聞き出したり、問い詰めたりしないこと。

これは自分に言い聞かせていたことです。

子供にもプライバシーがあるので、無理に聞き出そうとすればそれに反発することもあるでしょう。

積み重なれば、親へ不信感を持つことになります。

時間をおけば、必ず話してくれる時がくるので、それまでは無理に聞き出さず、気長に待つことを心がけていました。

不思議なもので、聞き出さなければ自分から話してくるんです。

ゆあまま
ゆあまま
恋愛についてもそうでしたよ。

彼氏もお友達として接する

上記のことを心がけて娘と接していると、彼氏ができたら必ず報告してくれるんですね。

娘には当然「認めてもらいたい」という気持ちがあると思います。

とはいえ、高校生ですから友人の一人として接していました。

我が家に来れば、一緒にご飯を食べたり、お菓子パーティーをしたり。

彼氏というよりは娘のお友達。

彼氏も親と顔見知りになれば悪いことはできないでしょうから、オープンな付き合いができますよね。

ゆあまま
ゆあまま
これは策略とも言えますね。笑

個人的に、コソコソ交際をしてもらいたくなかったので上記のことは比較的小さい頃(異性を意識する頃)から心がけてきました。

オープンに付き合えることで、隠し事も少なくなると考えられます。

もちろん、100%話してくれているとは思いませんが、プライバシーを尊重しながら様子を見るようにしていました。

親が考える常識的な範囲内での恋愛をしていたと思います。

親はどこまで口出しすべき?

高校生の恋愛にどこまで口出しすべきか?

ケースバイケースで、非常にデリケートな問題です。

子供は子供なりに考え行動しているので親からの干渉を受けたくないと考えています。

子供の自主性を重じて、できる限り口出しせずに見守りたいですね。

大切なのは、子供さんから彼氏との日常が話しやすい環境を作ってあげることだと想像します。

対象年齢は不明ですが、女性100人に「親に恋愛話をしますか?」という質問をしたところ、「はい」と答えたのは34人。

残り66人は「恋愛についての話をしない」と答えたそうです。

とても残念なことです。

親が娘の恋愛に口出ししたくなる理由の一つには「何も知らない」「何もわからない」という疑問からだと考えます。

娘と彼氏の日常が把握できていれば、そうそうガミガミ口出しすることはないと思うのです。

質問攻めにしたり、口出しをする前に話しやすい環境を整えることが先決かと考えます。

娘が素直に話してくれることで、交際する上で注意すべきことや約束事も話しやすくなるし、相手も素直に聞き入れてくれます。

この先は、自分の娘を信じるしかありませんよね。

口出しをするとしたら「命の危険を感じた時」でしょうか?

JK(高校生女子)の本音

では、高校生女子(JK)はどのように考えているのでしょうか?

ネット上で女子高生の意見を拾ってみました。

❤︎ 私の母親は、彼氏が出来たと話すと以下の事を必ず聞いてきます。

何歳?職業は?親は何してるの?兄弟は?出身は?なんて呼ばれてるの?結婚したいと思ってるの?むこうも結婚の意志はあるの?

などは、必ず聞いてきます。正直なんでそこまで話さなくちゃいけないのって思います。

❤︎ すごく祝福してくれたのですが、その時から恋愛に対してかなり口煩く言ってくるようになったのです。

例えばLINEちゃんとしてるの?電話したら?

デートはしないの?ということを毎日のように言ってきます。

❤︎ 高校生になってすぐに同じクラスに彼氏が出来たのですが、彼氏ができたことを親に言うと「早くない?まだ入学して間もないのに。さっさとわかれろ。」と言ってきました。

別れるかなんて人の勝手ですよね。

しかも勝手に私と彼氏のLINEトークをチェックしてました。ありえません。

子供には子供の世界があり、様々な悩みを抱えているようです。

親には親の悩みがある・・。

お互いに良い状態で、高校生が健全に恋愛できる方法を探したいですよね。

娘の恋愛(高校生)親はどこまで口出しすべき? まとめ

思春期真っ只中の娘さんが、恋愛においても話しやすい環境を作ってあげることがとても大切だと感じます。

話してくれることで、こちらからの願いや思いも伝えやすくなるからです。

人間、恋愛で悩んだり、傷ついたりすることも必要なんですよね。

ゆあまま
ゆあまま
全て、親が守ってあげられるわけではないので・・。

多くの経験を積むことで、人間としても少しずつ成長できると信じています。

そう考えると、娘さんが恋愛で傷つくことがあったとしても、黙って見守ることが親の役目なのかな?とも感じます。

黙って見守りつつ、危険性があるときに口出しして、、

娘が素敵な恋愛経験を重ねていくことを願うばかりです。

この記事が少しでも、高校生の恋愛に悩む保護者さまの参考になれば幸いです。

娘の恋愛(高校生)親はどこまで口出しすべき?JKの本音は?を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする