ヤバイ!顔がやつれて見える!〜ママができる対策は?

ヤバイ!顔がやつれて見える!〜ママができる対策は?

高校生ママは、朝から夜寝るまでとにかく多忙です。

早朝からお弁当を作り、夜の家事が終了するまで、ほぼフルタイムで動いていると言っても過言ではないでしょう。

1日の終わりは正直クタクタで、少しでも早く布団に入りたいものです。

 

そんな日々を過ごした結果、自分の顔を見て愕然としました。

ヤバイ・・!

顔がやつれて見える、一気に老けた感じ・・・。

 

やつれたママの顔を元に戻す対策、ちゃんとあります。

この記事では、実際に効果があった対策方法をご紹介させていただきます。

 

 

ヤバイ!顔がやつれて見える!

ヤバイ!顔がやつれて見える!〜ママができる対策は?

毎日が必死で、鏡に映った老婆のような自分を見て大ショックを受けました。

鏡は毎日見ていたんですよ。

一応、メイクはしますからね・・。

 

でも、多忙さにかまけて顔の表情までしっかりと見ていなかったんですね。

娘と一緒に写真を写し、写真の顔を見て「私こんなに老けてるの?」と気づきました。

 

改めて、鏡を覗き込むと生活にやつれた顔をしていました。

ゆあまま
ゆあまま
正直、ショックを隠しきれなかった・・。

 

なぜ、こんなに老け込んだのかを自分なりに分析しました。

 

 

疲れ倍増

子供が中学校に入ったあたりから、仕事量を増やしました。

塾費用、学費、大学進学などを考えると現状維持が厳しかったんですね。

否応なく働かざるを得ない状況だったのです。

 

朝の早起きい始まり、フルで仕事をして、仕事終了後はまた家事でフル稼働。

それまでの「疲れ」とは比べ物にならないくらい疲労していました。

 

また、子供が中学校から高校までの6年間に自分の体力の衰えも感じ始めていました。

子供たちが小さかった頃の気力で動いてはいたものの、疲労度は倍増していたのです。

 

 

睡眠が足りていない

子供が高校に入学すると、それまでに登校時間が早くなりました。

加え、お弁当を作る数が増え、より早起きしなくてはいけません。

寝る時間は変わらないのに(むしろ遅くなったかな?)、起きる時間が早くなり睡眠時間が少なくなったんですよね。

 

ヒトの睡眠時間は平均6~7時間が適切だと言われています。

娘たちが高校に入学してからの睡眠時間は平均5時間。

短いとまでは言えませんが、平均に満たしていなかったのは事実。

疲れが癒されないまま、朝を迎えてしまっていたのです。

 

もちろん、睡眠不足はお肌の状態にも影響しますよね。

肌を正常に保つためのターンオーバーは、睡眠中に活性化するとされています。

寝不足は、そのサイクルを遅らせ、古い角質が残り、肌荒れを起こしやすくなります。

 

 

子供への悩みが増える

成績のこと

大学進学のこと

進学費用のこと

進学後の一人暮らしのこと

娘の恋愛のこと

など、それまでになかった悩み事が増えていきます。

 

時々、娘が巣立つ日(家を出る日)のことなどを考えたり・・・、心配ごとが増していきます。

手取り足取りする年齢を過ぎても、子供への悩みや心配事は尽きません。

いろいろな心配が次々に浮上し、なんとなくモヤモヤした日々を過ごしていたように思います。

 

 

食事が不規則なことも

子供が成長するにつれ、家族みんな揃って食事する機会が少なくなりますよね。

特に、平日の夜は家族バラバラ、個々に食事をすることも多く、時差で準備をしなくてはいけません。

「準備⇄片付け」を繰り返していると、自分は食べないまま・・ということもしばしば。

 

朝昼もバタバタした中で、あるものを口に頬張る毎日でしたので、栄養バランスは採れていませんでした。

高校生ママには「あるある」かも知れませんね。

 

 

上記のような理由で、自分ケアがとても疎かになっているのですよね。

ゆあまま
ゆあまま
美意識高いママは違うと思いますが・・。

 

 

毎日暮らすことが必死で、自分ケアは後回し。

入浴後も、化粧水と乳液をパパッとつけるだけ・・・。

よくよく、自分の顔もみないままバタンキューで布団に入っていました。

 

当然、ヤバイ顔になりますよね・・。

やつれた顔になるのも、

老け込んだ顔になるのも、

娘たちの肌と雲泥の差ができるのも納得できました。

 

 

 

やつれた顔を戻すためのママ対策は?

ヤバイ!顔がやつれて見える!〜ママができる対策は?

繰り返しますが、娘と一緒に映った写真で自分のやつれた顔を見たとき、大ショックを受けたわけです。

この時、自分自身の毎日のお手入れをサボってはいけないと思ったのです。

ゆあまま
ゆあまま
ガチで対策しなきゃと思いました!

 

 

そこで、ネットでの調べや娘たちからのアドバイスで「やつれた顔」を以前の顔に取り戻す作戦を開始したのです。

自己流ではありますが、やつれた顔を元に戻すために行ったことをご紹介します。

 

 

栄養バランスの見直し

食べてない訳ではなかったのですが、作業しながらでも食べやすいもの、またお菓子などで済ませることもありました。

やはり、食べ物は直接肌に表れるものですよね。

ゆあまま
ゆあまま
ここを見直さなければ!

 

 

果物や野菜、ビタミンを取り入れる工夫をしました。

食べやすいものって、どうしても炭水化物に偏ってしまうんですよね・・。

野菜はもともと食べていたつもりですが、買い物の際に積極的にフルーツを購入して、適度に食べるよう心がけてみました。

サプリなどを採り入れるのもアリだと思います。

 

 

睡眠の質を深める

睡眠もお肌に深く影響するもの。

わかってはいたんですけどね・・。

 

でも、ライフスタイルを考える限り「睡眠時間」を増やすことは難しいと考えました。

土日も部活や塾などで、結局早起きしなければいけないし・・。

だったら、睡眠の質を深める努力をしてみようと考えたのです。

 

枕を変えて、アロマを取り入れてみました。

ラベンダーはマルチな効能を持った精油で香りも好きなので、ラベンダーに癒されながら眠りにつきます。

ラベンダー

は交感神経と副交感神経のバランスを整えて、リラックスしてくれる効果があるとされており、香り成分「酢酸リナリル」が精神を安定させてくれます。

リラックス効果、鎮痛効果、殺菌、消毒効果、防虫効果とマルチな効能が期待されます。

 

 

ファッションの見直し

毎日が忙しいと、洋服さえも適当になってしまっていたことを深く反省しました。

着ているものでも、顔の雰囲気がずいぶん違って見えますよね・・。

やつれ顔になっていたのも当然だと思います。

 

幸い、我が家には二人の娘がいましたのでたくさんのアドバイスを受けながら、顔色が明るく見えるもの、トレンドの着こなし、年齢的にも無理のないおしゃれを心がけました。

もちろん、ブランド級の高価な服を着ていた訳ではありません。

経済的に許される範囲で洋服を見直しました。

 

 

スキンケアの見直し

多忙になってからは、ドラッグストアで購入できるプチプラの大容量化粧水や乳液を使っていました。

使い心地としては悪くなかったのですが、血色が悪いこと、くすみが増えたこと、シミも増えたことからスキンケアグッズの見直しをしました。

 

ここ数年で「乾燥」をすごく感じていたので、まずは乾燥対策をしなければ、ますますくすみやシミが増えていくだろうと考えたからです。

試行錯誤でいろいろ試したのですが、化粧水+美容液で肌の状態が良くなったのはエトヴォスのモイスチャーシリーズでした。

 

モイスチャーシリーズ「化粧水+美容液」を使い始めて半年、肌つやが戻ってきたように感じます。

ヤバイ!顔がやつれて見える!〜ママができる対策は?

ゆあまま
ゆあまま
血色や化粧のノリがよくなったんですよね!

 

 

乾燥は、シミやくすみを加速させることを実感しました。

シミ、くすみを増やさないためにもお肌の乾燥対策をしっかりしなくてはいけませんね。

▶︎ エトヴォスの使用感についてはこちらに詳しくレビューしています。

 

 

透明感のない肌は、「やつれ顔」に見えがちです。

エステやマッサージなど通う前に、日々のスキンケアを見直すことでやつれた顔が少しずつ戻っていきました。

 

最近では、だんだんと欲が出てきてマイクロニードルセラムでのケアも追加しております。

▶︎マイクロニードルについての口コミはこちらです。

 

 

以上、自分のやつれた顔に大ショックを受けた後、早急に行った対策です。

50代を過ぎたお肌って、ほんの少しの油断で頬が落ちてたるんでしまうのですよ。

自分の顔を見て、毎度ショックを受けます。

 

難しいものでも、めちゃくちゃ費用がかかるわけではありませんが、多忙な中でも日々ケアを継続することが大切だと、身を持って体感しました。

娘に言われた言葉「美は努力と我慢」

何事も努力が必要ですね・・。

ゆあまま
ゆあまま
現在は、さらに加齢に伴うケアを実験も重ねプラスしております。

 

 

 

まとめ

高校生ママ、いえ、どの年代のママでも主婦業、仕事を両立させていると目まぐるしい毎日を過ごすことになります。

(過ぎてしまえば、それも愛おしく懐かしい日々になります。)

 

子供優先、家庭優先で過ごしているうち、自分自身のケアをすっかり忘れてしまうんですよね。

そんな時間があるなら早く寝たい!と思うんです。

 

でも、その結果恐ろしい自分を見ることになります。

自分の顔があんなにやつれているなんて・・・。

 

ママが綺麗でいなければ、娘たち、旦那様にも申し訳ない気持ちになりますよね。

どうぞ、自分自身の美や健康のケアを忘れることなくお過ごしください。

決して難しくはありませんが、毎日コツコツ継続してくださいね。

 

 

 

ヤバイ!顔がやつれて見える!~ママができる対策は?を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました