唇の乾燥が治らない時の対処法!おすすめも!

唇の乾燥が治らない時の対処法!

顔や体のお肌と同じように、唇も乾燥します。

乾燥から、真っ赤になってヒリヒリする唇、ついつい舐めたくなるものです。

唇はなぜこんなに乾燥するのか?

また、唇の乾燥が治らない時の良い対処法はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

唇の乾燥

唇って、潤いがあるイメージですが意外に乾燥で悩む人が多いんですよね。

なぜ、唇が乾燥するのでしょう?

唇の乾燥が治らない時の対処法!

バリア機能が低い

顔や体のお肌とは違い、唇には角層がありません。

お肌は、角質細胞と細胞間脂質が壁となりばっちり防御しますが、唇には壁となる防御システムがないのです。

また、食べ物を食べたり、

最近ではマスク着用などで摩擦が多い部位です。

もともと乾燥しやすく、荒れやすいということになります。

紫外線によるダメージ

バリア機能が低いということから容易に想像できますが、唇は紫外線の影響も受けやすい部位です。

メラニン色素がないため、直接的な刺激を受けてしまうんですよね。

肌と同じように、紫外線が当たれば当然悪影響があり、荒れたりシワの原因となります。

唇はお肌以上にデリケートな部分だと言えます。

ケアしなければ当然、乾燥、荒れ、ひび割れ、皮向けなどしても不思議ではないのです。

手入れしにくいからと放置しておけば、悪化するのが目に見えています。

ゆあまま
ゆあまま
しかし、良いところもあるのですよ!

お肌ケアをする際に、ターンオーバー周期を考えることがありませんか?

お肌のターンオーバー周期は28日くらいと言われていますよね。

新しい皮膚が生まれ変わるまでに約1ヶ月近くかかります。

それに対し、唇のターンオーバー周期は3~4日くらいとされています。

ゆあまま
ゆあまま
えっ、そんなに早いの?

そう、怪我をしたり、ひび割れても想像しているよりも治りがはやいのはターンオーバーが関係しているからなのですよね。

言い換えれば、悪化した唇の荒れを速く治すことも可能だということになります。

唇の乾燥が治らない

ターンオーバー周期を考えれば、適切なケアをすることで状態は良くなりそうです。

もし、唇の乾燥が治らないという場合は、ケアが足りていないことが考えられます。

乾燥していても放置

口は、食べ物を食べたり、飲み物を飲んだりと1日使っているのでなかなかケアもしにくい部位ですよね。

でも、ケアしにくいからといって放置していれば、ますます乾燥してしまいます。

結果、ガサガサになったり、皮が剥けたり、ひび割れしたりということになってしまうのです。

室内にいることが多い

室内では、気温に合わせてエアコンや暖房を入れますよね。

エアコンや暖房からの風に当たることで、唇の乾燥が進んでしまいます。

毎日の積み重ねで、悪化することがあるのです。

逆に、ずっと室外にいる場合も風に当たって乾燥することがあります。

自転車通学されている学生さんは特に注意していただきたいです。

自転車に乗ると、否応なく風に当たることになりますので、乾燥する冬は特に乾燥が進みやすいです。

我が家の娘も、保湿剤を手放すことなく持っていました。

唇を舐める

これは自分にも当てはまることですが、その場凌ぎの対処で乾いた唇をなめたり、ヒリヒリ感をなくそうと舐めて気持ちを逸らすことがありますよね。

実は、唇を舐めることでさらに乾燥させてしまうのです。

リップをつけても、舐めることを繰り返すと、口周りが真っ赤になることもしばしば!

唇の皮をむいてしまう

やってはいけないことだとわかっていても、ガサガサしたり、違和感を感じるとついつい気になって触ってしまいますよね。

さらには、ガサガサした唇の皮をむいてしまうことがありませんか?

皮を剥けば、当然唇に傷が残ってしまうので触らないよう心がけましょう。

季節関係なく外で遊ぶことが多い

先述したように、紫外線に当たることで唇の荒れが進んでしまいます。

唇もお肌と同じように、紫外線対策が必要ですね。

アウトドア好きな方は、UV対策が施されたリップなどを使うのも良いですね。

冬場の紫外線対策していますか?

真夏はしっかりとUV対策をしてるけど

冬は意外に気を抜いてしまいますよね。

一年通して、飲む日焼け止めはとても効果的ですよ!

肌につけなくて良い

飲むだけの簡単ケア

皮膚バリア機能を強くしてくれる

肌がキレイになる

美白効果も期待できる

\まとめ購入でトライアルパックがつくよ!/


こうした日常から、唇の乾燥を避けられなくなっています。

唇が乾燥してヒリヒリする

唇が荒れてガサガサする

唇の乾燥が治らない方は、まず上記内容を見直してみると良いかと思います。

どうしようもなくひどい時、

ケアをしても状態が変わらない時には、専門医を受診されてくださいね。

唇の乾燥が治らない時の対処法

自分自身でできる唇の乾燥が治らない時の対処法は

・清潔にする

・保湿をする

・触らない

を徹底することだと考えます!!

清潔にする

清潔に保つというのは「唇」に限ったことではありませんね。

例えば、食べ物が唇に付着していたり、汚れが付着していれば、ちょっとした傷などから細菌などが侵入することも十分に考えられます。

バリア機能が低い唇は、特に清潔さを十分に保ちたい部位です。

保湿をする

これもまた、お肌と同じ。

保湿することは、乾燥を防ぐ対処法として一番有効な方法だと考えられます。

リップ、ワセリンなどがあれば、乾燥から唇を守ことができますからね。

乾燥しやすい方は、特に保湿剤を持ち歩くことが大切かと考えます。

また、室内の乾燥を防ぐ工夫も必要ですね。

加湿器の設置などを考えるのも良いでしょう!

触らない

「清潔にする」につながりますが、唇を触ったり、舐めることで汚れ(細菌など)が侵入したり、摩擦からますます乾燥することが考えられます。

ヒリヒリしても、触ったり舐めたりすることは避けたいですね。

マスク着用

コロナウイルス感染防止で、マスクを着用する時間が長くなりました。

マスクは息苦しいものですが、唇にとてはメリットの多いものです。

口を覆うことで、保湿力を高めることができます。

また、触りにくいので唇を触ることも減るのではないでしょうか?

マスクは、病気予防だけではなく「唇の乾燥」を防ぐためのアイテムでもありますね!

唇の乾燥 おすすめの対処アイテム

唇の乾燥を防ぐ一番速い対処方は、リップなど唇を保湿するアイテムを持ち歩くことだと考えます。

持ち歩くだけでは意味がありませんので、気づいたら塗り直しをするということですね!

ゆあまま
ゆあまま
塗る前に唇を清潔にするとより効果的!

ローズリップ美容液

【ローズリップ美容液/ローズラボ】唇ガサガサになるので試してみた口コミ感想!

ROSE LABO(ローズラボ)のローズリップ美容液は、バリア、保湿効果抜群!

美容効果も入っているので艶々な唇を保つのにも良いですよ。

詳細はこちらをご覧ください。

唇が荒れてガサガサになることが悩み。 こまめにリップをつけるようにしているのですが、アレルギー体質なのでアレルギーが発症すると、目の痒み、...

フルールセゾン マルチバーム

唇の乾燥が治らない時の対処法!

フルールセゾン マルチバームは、美容に特化したバームで、保湿効果に美容エキスが加わっています。

ほんのりとした香りが気持ちを上げてくれます。

唇だけでなく、乾燥する部位、どこにでも使えますよ!

ヴァセリン ペトロリュームジェリー

唇の乾燥が治らない時の対処法!

ヴァセリン ペトロリュームジェリーは、おなじみのワセリンですね。

ドラグストアでも良く見かけます。

ガッツリ保護するワセリンですので、美容効果は求めないでください。

子供さんにはこのタイプが良いですよね!

ベビーワセリン

唇の乾燥が治らない時の対処法!

ベビーワセリンは、肌への刺激が気になる方にオススメです。

赤ちゃんでも使えるワセリンなので刺激性が低いと考えられます。

ワセリン特有のベタつきはありますが、保湿、保護剤ですのでアリですね!

BRUNO 加湿器

唇の乾燥が治らない時の対処法!

お部屋での対処法としては、全体を加湿することですよね。

リビングなど、家族が集まる部屋には設置したい加湿器。

ブルーノの加湿器、大容量でとてもミニマルなデザイン。

お手入れも簡単なので、とても重宝しますよ!

唇の乾燥が治らない時の対処法! まとめ

唇が乾燥する原因は、ほとんどは保湿不足ではないでしょうか?

食べたり、飲んだりすることを考えると、確かに保湿剤を塗るのは面倒だし、気持ち悪いものでもありますが、それが原因でガサガサになり皮が剥けたりしては元も子もありません。

ゆあまま
ゆあまま
悪化して通院が必要になっても困りますからね!

やはり、こまめな保湿が一番の対処法だと考えられます。

重複しますが、自転車通勤、自転車通学の方は秋〜冬にかけて唇の乾燥対策をしっかりとされてくださいね。

唇の乾燥を防ぐために、まずは自分でできることから始めてみましょう。

保湿しても唇の乾燥が悪化する場合は、専門医を受診して治してください。

この記事が、唇の乾燥に悩む方のお役に立てれば幸いです。

唇の乾燥が治らない時の対処法!おすすめも!を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする